PHOTO EXHIBITION

Memento Mori - Robert Mapplethorpe Photographs from the Peter Marino Collection

2017年3月14日(火)− 4月9日(日) 12時 − 20時 無休・入場無料

Orchid, 1988 © Robert Mapplethorpe Foundation. Used by permission.

この度、シャネル・ネクサス・ホールでは、20世紀におけるもっとも重要なアーティストの一人として今なお注目を集める写真家ロバート メイプルソープの作品展を開催いたします。本展は、シャネル銀座ビルディングの設計を手がけるなど、国際的に活躍する建築家ピーター マリーノのプライベートコレクションから、静物や花、ヌード、そして肖像等を写した作品、およそ90点を展示するもので、同作家の多彩な作品群がこれほど網羅的に日本で一般公開されるのは、2002年以来初めてのことです。

本展の企画・構成にあたったピーター マリーノは、ネクサス・ホールの空間を、3つの小展示室に分割しました。展示はメイプルソープによる複雑な作品群の二元性を探求する内容となっており、鑑賞者がギャラリーを進むにつれ、主題の強烈さが増していくように作品がグループ分けされています。
構造物としての肉体、静物や彫像の形式的な古典主義から、より挑発的で、時として物議をかもす、被写体をあからさまに写しとった表現へ。それら全ては、自然美と肉体美、束縛と破壊といったテーマに迫るものです。

白いフロアと白い壁に覆われた最初の2つの展示室には、古典的な彫刻・静物・体の部位のクローズアップ、そして布をまとった人物の写真が、黒い木枠に額装されて展示されます。そして、第3の展示室が黒一色の空間によって展覧会を締めくくります。より挑発的な作品が、メイプルソープならではの花の写真とともに、黒革のような壁に並列して展示されます。

「Memento Mori(メメント モリ)」(死すべき運命を芸術的あるいは象徴的に思い起こさせようと、しばしば視覚的に表現されるラテン語のフレーズ)という幾分皮肉な展覧会タイトルは、被写体の刹那的な特質や作家の早すぎる死を思いおこさせます。メイプルソープによる作品群が、審美的、社会的、政治的に大きな影響力を持ち、一時代の定義づけにまで寄与したことで、不朽の名作となり、受け継がれていく遺産となったこととはあまりに対照的です。

本展は、同作家への理解を世界的に広めるプロジェクトの一環として開催されます。ゲストキュレーターを招いた個展の開催は2003年より継続中であり、直近ではマリーノのキュレーションによる「XYZ展」(ギャルリー・タデウス・ロパック、パリ、2016年1月)があり、他に、ロサンゼルス郡立美術館とゲティ美術館で同時開催された回顧展「ロバート メイプルソープ」などが挙げられます。また、2016年に米国のテレビネットワークHBOが製作し、エミー賞候補になったドキュメンタリー映画「Mapplethorpe: Look at the Pictures」では、世界で最も重要なメイプルソープ作品のコレクターの一人としてピーター マリーノが登場しています。

本展は2017年4月15日(土)〜5月14日(日)「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭」の一環として京都に巡回いたします。
www.kyotographie.jp

ロバート メイプルソープ Robert Mapplethorpe

写真家。1946年米国ニューヨーク州生まれ。ブルックリンのプラット・インスティチュートで美術学士号を取得し、70年代初頭から写真に取り組む。個性を鮮明にとらえた肖像写真でその名を知られるようになり、その被写体は社交界の名士や著名人、芸術家等々、多岐に及んだ。80年代に入ると作品は、よりフォーマルな肖像写真と、花に主眼を置いた静物写真へと向かった。1988年にスタートした巡回展「The Perfect Moment」はそのセンセーショナルな内容から、“芸術”の定義を問う国を挙げての政治論争の的となった。以来、彼の作品は世界中の美術館やギャラリーで広く収集、展示されるとともに、止むことない議論を引き起こし続けている。1989年マサチューセッツ州ボストン没。

ピーター マリーノ Peter Marino

建築家。アメリカ建築家協会特別会員のピーター マリーノは、国際的に高い評価を受けている設計・企画・デザイン会社、ピーター マリーノ設計事務所(ニューヨーク、従業員数160名)の代表。フランス文化勲章受章者であり、ヴェネチア・ヘリテージ財団およびフランスの装飾美術中央連合・国際委員会の評議員に名を連ねている。文化的デザインプロジェクトとして、「One Way: Peter Marino」展(バス美術館、マイアミ、2014-2015年)、マリーノ所蔵のルネサンスとバロックのブロンズ像を展示した「Beauty and Power」展(ウォレス・コレクション、ロンドン、2010年)や、レ・ララン(Les Lalannes)回顧展(パリ装飾芸術美術館、2010年)およびツヴィンガー宮殿(ドイツ、ドレスデン)の陶磁器コレクションにおけるマイセン常設展のインスタレーションデザインがある。